iOS端末を使ってDeviceConnectを体験します。今回はPebbleと連携してみたいと思います。

必要なもの

  • iOS端末
  • Pebble

アプリのインストール

今回はアプリのビルドを行わず、GClue社がリリースしているDevice Web API Managerをインストールします。アプリをビルドしてみたい方はDeviceConnect Browserをビルドするを参照してください。

DeviceWebAPIBrowserを App Store で

このアプリはDeviceConnectのフロントエンドとして使えるアプリです。

アプリの起動

アプリを起動すると次のような画面が表示されます。

ここで、URLに http://deviceconnectusers.github.io/manager/ と入力して検索ボタンをタップします。次のような画面が出てくればOKです。

さらにLaunch UI-App(HTML5)をタップします。

この画面が表示されたら、まずはアクセストークンを取得します。accessTokenをタップします。

そうすると下の画面のようにアクセストークンを求めるダイアログが出ますので、ACCEPTをタップします。

承認すると先ほどと同じ画面に戻ってきますが、今回はアクセストークンが入っているのが確認できるはずです。

デバイスを検索する

次に利用できるデバイスを検索します。Search Deviceをタップすると利用できるデバイスが一覧表示されます。

今回はHost: iPhone 6 Plusをタップします。そうすると利用できる機能が一覧表示されます。

例えばバイブレーションを選択します。パターンを選択してVibrateをタップするとデバイスが震えるはずです。

Phone APIを使って電話をかけることもできます。

DeviceConnectには他にもたくさんのプラグインがリリースされており、それを使うことでウェアラブルデバイスがWeb APIを通して操作できるようになります。ぜひ試してみてください!